日本サラマンカ大学友の会     日本サラマンカ大学友の会 日本サラマンカ大学友の会

 最新情報
 日本サラマンカ大学友の会とは
 イベントスケジュール
 サラマンカ大学・日西センター
 日本とサラマンカ
 日本サラマンカ大学友の会
 入会について
 役員について
 リンク
 問い合わせ
 
 
サラマンカ大学創立800周年記念連続講演会
 
 
   
 
日本サラマンカ大学友の会イベントスケジュール
  “サロン・デ・エストゥディオス” ご案内
  日本の古典文学を精力的にスペイン語に翻訳されている伊藤昌輝先生(元駐ベネズエラ日本大使)をお招きして、翻訳経緯、ご苦労、これまでに訳された作品等についてお話いただきます。
「おくのほそ道」は、林屋永吉氏・オクタビオ・パス氏の翻訳版(1957年)がありますが、それとの違いや今後の翻訳出版予定等についての興味深いお話もお聞きいたします。

【講師プロフィール】1941年 大阪市生まれ、大阪外国語大学でスペイン語を学ぶ。
外務省入省後、中南米諸国で勤務。駐ホンジュラス、ベネズエラ大使を歴任。
退官後、「方丈記」、「閑吟集」、「梁塵秘抄」、「小倉百人一首」、「芭蕉文集」、「世間胸算用」、石川啄木の「一握の砂」等のスペイン語訳を日本(大盛堂書房)、ベネズエラ、アルゼンチンおよびスペインで出版。
また、オクタビオ・パスの「太陽の石」(文化科学高等研究所出版局)、「コルテス報告書簡」(法政大学出版局)なども翻訳出版。

本サロンには、会員および会員同伴2名様まで無料でご参加いただけます。
皆さまの積極的なお返事をお待ちしております。
   
  日時: 2019年11月21日(木) 18:10開場  18:30開始  19:50終了
  講師: 伊藤 昌輝先生(元駐ベネズエラ日本大使)
  講演テーマ:”日本の古典をスペイン語の世界へ”
  会場: 霞会館 2Fホール (東京都港区西麻布3-2-32)
  参加費:会員−無料 ビジター−会員の紹介で2名様まで無料 3名様よりおひとり1,000円
  *お申込は参加者全員のご氏名と代表者電話番号をご明記のうえ、11月18日までにメールでinfo@ausal.jpまでお願いいたします。
   
 
copyright2015 Asociacion "Universidad de SALAMANCA" en Japon.